自宅介護.COM
 トップページ > 自宅介護を楽にする技術 > 食事に関する技術 > 食事姿勢の注意点 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
自宅介護を楽にする技術

食事に関する技術
 ・食事姿勢の注意点 
 ・口腔ケアの介助方法
 ・食事介助の調理方法
 ・食欲の出る介助法
 ・誤嚥や喉詰まりの対処方法
 ・介助中の水分補給
 ・介助者の薬の飲ませ方


衛生ケアに関する技術

 ・入浴時の介助方法 
 ・介助中の清潔保持方法
 ・介助中の肌のお手入れ
 ・介護中の感染予防

排泄ケアに関する技術

 ・高齢者の便秘への対応
 ・介護時のオムツの使用

着装に関する技術

 ・衣服の着脱
 ・おしゃれの介護

移動・移乗に関する技術

 ・ベッドを用いた介護
 ・介護中の転倒予防
 ・介護中の移動の工夫
 ・立たせない介護
 ・ベッド転落の危険性の介護
 ・畳(たたみ)の効用
 ・立ち上がりのコツ

住環境の整備に関する技術
 @臭い対策と感染予防
 Aベッド回りもひと工夫
 B生活リハビリの効用
 C物がいっぱいの冷蔵庫
 Dゴミ出しと地域

介護生活や能力の活性化

 ・福祉用具と介護機器
 ・介護に役立つ手遊び
 ・福祉用具の活用

介護状態の予防

 ・「介護を予防する」ということ
 ・寝たきりと認知症の予防

外部の介護機関の利用

 ・デイサービス(通所介護)
 ・ショートステイ(短期入所介護)

食事姿勢の注意点

- 食事 -自宅介護を楽にする技術 -


 超高齢化に伴い、飲食物の咀嚼(そしゃく)や飲み込みが困難になる摂食・嚥下(えんげ)障害を呈する人が多くなると予測されます。
 高齢者や摂食・嚥下障害の人が、安全に末永く美味しく楽しい食事を続けるためには、適切な食事姿勢を理解することが大切です。

自宅介護

安全な食事姿勢

 危険な食事姿勢とは、足が床にしっかりつかず、腰が椅子からずり落ち気味で、身体も傾き、顎(あご)が上がっている状態です。これでは誤嚥(ごえん)を引き起こします。(誤嚥:誤って飲食物を期間内に飲み込んでしまうこと)
 安全な食事をとるためには、「やや前かがみ」で背中や脇にクッションなどを入れて身体を安定させて、テーブルは少し低めで、肘をしっかり付ける高さにしてください。
 車いすは低めのものを選び、踵(かかと)が床から離れてブラブラしていると身体に力が入りにくくなります。車いすが高い場合は、不要な雑誌などで台になるようなものを足の下にはさんでください。

自宅介護

適切なテーブルの高さ

  テーブルが低すぎると猫背になり、口への取り込みが難しくなり、テーブルが高すぎると顎引きができず誤嚥を引き起こす食べ方になってしまいます。
 適切なテーブルの高さは、腕が楽に置けて、顎が引けている姿勢です。

自宅介護

摂食・嚥下障害が重度な人の安全な食事姿勢

  摂食・嚥下障害が重度な人は30度仰臥位(ぎょうがい)の頸部前屈位姿勢が安全な食事姿勢です。

  • 90度座位の利点・欠点
    @視野が広くなり、摂食への意欲が出る
    A上肢を使いやすい
    B逆流の危険が少ない
    C食物が咽頭に落ちにくい

  • 30度座位の利点・欠点
    @食塊(食物)を飲み込みやすい、口唇からこぼれにくい
    A食塊(食物)の気道への侵入が起こりにくい
    B自力摂取は困難である

 

◆介護中の食事に関する記事一覧◆

食事に関する技術
 ・食事姿勢の注意点
 ・口腔ケアの介助方法
 ・食事介助の調理方法
 ・食欲の出る介助法
 ・誤嚥や喉詰まりの対処方法
 ・介助中の水分補給
 ・介助者の薬の飲ませ方

衛生ケアに関する技術
 ・入浴時の介助方法
 ・介助中の清潔保持方法
 ・介助中の肌のお手入れ
 ・介護中の感染予防

排泄ケアに関する技術
 ・高齢者の便秘への対応
 ・介護時のオムツの使用
着装に関する技術
 ・衣服の着脱
 ・おしゃれの介護
移動・移乗に関する技術
 ・ベッドを用いた介護
 ・介護中の転倒予防
 ・介護中の移動の工夫
 ・立たせない介護
 ・ベッド転落の危険性の介護
 ・畳(たたみ)の効用
 ・立ち上がりのコツ
自宅介護の技術

RSS

突発性難聴
突発的な難聴対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com

咳・痰
咳(セキ)や痰(タン)などが症状に出る病気や原因・セルフケアなどのまとめサイト
sekitann.com

腰痛・関節痛
腰痛や関節痛などの原因になる病気や日常生活の注意点・セルフケアなどの健康情報サイト
koshiitai.com
本サイトのご利用について本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・