自宅介護.COM
 トップページ > 自宅介護を楽にする技術 > 移動・移乗に関する技術 > ベッドを用いた介護(2/2) 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
自宅介護を楽にする技術

食事に関する技術
 ・食事姿勢の注意点 
 ・口腔ケアの介助方法
 ・食事介助の調理方法
 ・食欲の出る介助法
 ・誤嚥や喉詰まりの対処方法
 ・介助中の水分補給
 ・介助者の薬の飲ませ方


衛生ケアに関する技術

 ・入浴時の介助方法 
 ・介助中の清潔保持方法
 ・介助中の肌のお手入れ
 ・介護中の感染予防

排泄ケアに関する技術

 ・高齢者の便秘への対応
 ・介護時のオムツの使用

着装に関する技術

 ・衣服の着脱
 ・おしゃれの介護

移動・移乗に関する技術

 ・ベッドを用いた介護
 ・介護中の転倒予防
 ・介護中の移動の工夫
 ・立たせない介護
 ・ベッド転落の危険性の介護
 ・畳(たたみ)の効用
 ・立ち上がりのコツ

住環境の整備に関する技術
 @臭い対策と感染予防
 Aベッド回りもひと工夫
 B生活リハビリの効用
 C物がいっぱいの冷蔵庫
 Dゴミ出しと地域

介護生活や能力の活性化

 ・福祉用具と介護機器
 ・介護に役立つ手遊び
 ・福祉用具の活用

介護状態の予防

 ・「介護を予防する」ということ
 ・寝たきりと認知症の予防

外部の介護機関の利用

 ・デイサービス(通所介護)
 ・ショートステイ(短期入所介護)

ベッドを用いた介護(2/2)寝返り介助

- 移動・移乗 - 自宅介護を楽にする技術

ベッドを用いた介護術

補整方法の工夫(寝返り介助法)

 例えば、仰臥位(仰向け)から左側に寝返りの介助を行って左側臥位(左半身が下側の臥位)になり、何らかのケアをした後、再び仰臥位となり、続いて今度は右側への寝返りの介助を行って右側臥位(右半身が下側の臥位)となり、ケアが終了し仰臥位に戻るというような介助で身体のズレが起こる可能性があります。
 この左右への寝返り介助での注意点は、側臥位から仰臥位に戻るところにあります。通常、側臥位から仰臥位に戻る際には、介助する人の手は介助される人の肩甲骨と骨盤に当てられていることが多いです。この肩甲骨と骨盤のコントロールがポイントで、扱い方によっては身体が下方や上方にズレてしまいます。
 ここでもう一度、左右への寝返り動作を確認してみます。左側臥位から仰臥位に戻る際、肩甲骨と骨盤に介助する人の手は当てられていますが、肩甲骨と骨盤が下方に動くように力を加えて介助し、仰臥位になると、右側の肩甲骨と骨盤は左側に比べ下方にズレた仰臥位のまま、今度は右側臥位になると下方にズレた分だけ身体は移動してしまいます。
 同じ理屈で右側臥位から仰臥位に戻る際も、肩甲骨と骨盤を下方に力を加えて介助すると、左半身も下方にズレて、結果として身体全体が元の位置から下方にズレてしまいます。
 左右への寝返り介助では、側臥位から仰臥位になる際に肩甲骨と骨盤の位置が下方に動くように力を加えずに、元の位置へ水平に戻すことが、下方にズレを起こさないコツです。
 介助する人が自ら下方へズレを気づかない間に引き起こし、自分で起こしたそのズレを修正するために、腰に負担の多い介助で行っていてはすぐに腰を痛めてしまいます。

 

◆「ベッドを用いた介護」に関する記事一覧◆

◆介護中の「移動・移乗」に関する記事一覧◆

食事に関する技術
 ・食事姿勢の注意点
 ・口腔ケアの介助方法
 ・食事介助の調理方法
 ・食欲の出る介助法
 ・誤嚥や喉詰まりの対処方法
 ・介助中の水分補給
 ・介助者の薬の飲ませ方

衛生ケアに関する技術
 ・入浴時の介助方法
 ・介助中の清潔保持方法
 ・介助中の肌のお手入れ
 ・介護中の感染予防

排泄ケアに関する技術
 ・高齢者の便秘への対応
 ・介護時のオムツの使用
着装に関する技術
 ・衣服の着脱
 ・おしゃれの介護
移動・移乗に関する技術
 ・ベッドを用いた介護
 ・介護中の転倒予防
 ・介護中の移動の工夫
 ・立たせない介護
 ・ベッド転落の危険性の介護
 ・畳(たたみ)の効用
 ・立ち上がりのコツ
自宅介護の技術

RSS

突発性難聴
突発的な難聴対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com

咳・痰
咳(セキ)や痰(タン)などが症状に出る病気や原因・セルフケアなどのまとめサイト
sekitann.com

腰痛・関節痛
腰痛や関節痛などの原因になる病気や日常生活の注意点・セルフケアなどの健康情報サイト
koshiitai.com
本サイトのご利用について本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・