自宅介護.COM
 トップページ > 外部の介護機関の利用 > ショートステイ(短期入所介護) 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
自宅介護を楽にする技術

食事に関する技術
 ・食事姿勢の注意点 
 ・口腔ケアの介助方法
 ・食事介助の調理方法
 ・食欲の出る介助法
 ・誤嚥や喉詰まりの対処方法
 ・介助中の水分補給
 ・介助者の薬の飲ませ方


衛生ケアに関する技術

 ・入浴時の介助方法 
 ・介助中の清潔保持方法
 ・介助中の肌のお手入れ
 ・介護中の感染予防

排泄ケアに関する技術

 ・高齢者の便秘への対応
 ・介護時のオムツの使用

着装に関する技術

 ・衣服の着脱
 ・おしゃれの介護

移動・移乗に関する技術

 ・ベッドを用いた介護
 ・介護中の転倒予防
 ・介護中の移動の工夫
 ・立たせない介護
 ・ベッド転落の危険性の介護
 ・畳(たたみ)の効用
 ・立ち上がりのコツ

住環境の整備に関する技術
 @臭い対策と感染予防
 Aベッド回りもひと工夫
 B生活リハビリの効用
 C物がいっぱいの冷蔵庫
 Dゴミ出しと地域

介護生活や能力の活性化

 ・福祉用具と介護機器
 ・介護に役立つ手遊び
 ・福祉用具の活用

介護状態の予防

 ・「介護を予防する」ということ
 ・寝たきりと認知症の予防

外部の介護機関の利用

 ・デイサービス(通所介護)
 ・ショートステイ(短期入所介護)

ショートステイ(短期入所介護)

- 外部の介護機関の利用

自宅介護の技術

 ショートステイとは、介護保険では短期入所生活(療養)介護と呼ばれている、在宅サービスの一つです。短期入所生活介護は、主に特別養護老人ホームに併設されていますが、グループホームに併設されている施設も増えてきています。短期入所療養介護もショートステイと呼ばれていますが、これは、介護老人保健施設などに併設されています。
 一般的に、単騎入所療養介護のほうが医学的な管理が行き届いていていますので、インスリンの注射や、経管栄養などの医療的なケアが必要な場合は、こちらのほうが、受け入れはスムーズにいくといえます。理学療法士などを配置し、リハビリにも力を入れています。
 短期入所生活介護は、ショートステイ用のベッドと別に配置してあることが多いですが、短期入所療養介護は、入所用のベッドの空床を利用していることが多く、ショートステイ用のベッドを配置していても、そのベッド数はわずかな施設が多いです。このため、短期入所生活介護のほうがベッドの空きが多く、利用しやすいといえます。

自宅介護

介護者にとってのレスパイト機能

 ショートステイ利用の目的はさまざまです。介護者に冠婚葬祭などの用事があるときでも、ショートステイを利用すれば、参加できます。介護者が旅行へ行く時でも、ショートステイを利用すれば、旅行にいくことができます。もちろん、ちょっとした息抜きで、介護から解放されたいときにでも利用できます。
 このように、介護者が介護しながら、必要な行事への参加や、外出の機会などを持ち続けることをできることが、ショートステイ利用の大きな特徴といえます。近い将来、特別養護老人ホームへの入所を検討している場合は、併設するショートステイを利用し、施設の生活を体験することもできます。
 ショートステイは、とてもニーズが高いサービスなので、予定が決まっていれば、早めの予約が必要です。施設によっては予約の開始時期を決めているところがあるため、希望の日を予約しようとすることは、人気のあるアーティストのコンサートのチケットを予約するようなものです。

自宅介護

利用者にとってのメリット・デメリット

 では、利用者の立場から見た、ショートステイはどのようなものでしょうか。
 認知症がなく、利用者がショートステイの利用を理解している場合は、さしたる問題はないかもしれませんが、それでも集団生活を強いられるため、1日の生活リズムが自宅とは違い、一定の負担はあります。
 認知症を有する利用者の場合、ショートステイの利用は、大変なストレスを強いられることがあります。自宅とは違うトイレ・部屋・食道など、日常の生活環境が大きく変わるため、場所がわからなくなり、混乱を招いてしまうからです。馴染みの家族もおらず、施設のスタッフが介護することも混乱の要因となります。このことは、リロケーションダメージと呼ばれ、認知症状の悪化を引き起こす要因となります。
 夏や冬のように、暑かったり寒かったりで、自宅で過ごすには身体にかかる季節にショートステイを利用することもできます。自宅では、空調を効かしても、廊下やトイレ・お風呂場などまでは空調が効かず、大変過ごしにくいですが、施設では施設全体の温度を管理しているので、施設の中ならどこにいても快適です。
 このように、施設での生活は、良い点、悪い点がありますが、うまく活用すれば、ショートステイは在宅での生活を継続するのに、とても有用なサービスです。

 

◆「外部の介護機関の利用」に関する記事一覧◆

食事に関する技術
 ・食事姿勢の注意点
 ・口腔ケアの介助方法
 ・食事介助の調理方法
 ・食欲の出る介助法
 ・誤嚥や喉詰まりの対処方法
 ・介助中の水分補給
 ・介助者の薬の飲ませ方

衛生ケアに関する技術
 ・入浴時の介助方法
 ・介助中の清潔保持方法
 ・介助中の肌のお手入れ
 ・介護中の感染予防

排泄ケアに関する技術
 ・高齢者の便秘への対応
 ・介護時のオムツの使用
着装に関する技術
 ・衣服の着脱
 ・おしゃれの介護
移動・移乗に関する技術
 ・ベッドを用いた介護
 ・介護中の転倒予防
 ・介護中の移動の工夫
 ・立たせない介護
 ・ベッド転落の危険性の介護
 ・畳(たたみ)の効用
 ・立ち上がりのコツ
自宅介護の技術

RSS

突発性難聴
突発的な難聴対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com

咳・痰
咳(セキ)や痰(タン)などが症状に出る病気や原因・セルフケアなどのまとめサイト
sekitann.com

腰痛・関節痛
腰痛や関節痛などの原因になる病気や日常生活の注意点・セルフケアなどの健康情報サイト
koshiitai.com
本サイトのご利用について本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・